BASE株式会社が行う事業内容や取り組みの特徴とは?

BASE株式会社は、2012年12月11日に設立され、東京都渋谷区に所在地を置いています。事業内容として、ウェブサービスとオンライン決済代行サービスの企画、開発、運営を行っています。

インターネット上の経済活動をスムーズにできることが、BASE株式会社の提供する商品、サービスの特徴になっています。また、価値の交換をよりシンプルにして、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにすることが、BASE株式会社のミッションに掲げられています。

オンライン決済サービスである「PAY.JP」とネットショップ開設サービスである「BASE」が主要なサービスになっており、この2つも、企業ミッションに基づいて開発されました。「BASE」のコンセプトは、創業時からの取り組みと変わっておらず、「お父さん、お母さんでも使えるサービス」であることです。

「BASE」を使えば、3ステップだけでインターネット上でショップを開設することができ、今日初めてスマートフォンを触った人などのスーパー初心者でも扱える仕組みになっています。「BASE」の利用料はゼロ円で、画面は誰でも編集可能なシンプルなデザインです。

インターネットショップは、ホームページの運営方法などをきちんと理解している人がやるものという固定概念をひっくり返し、インターネットショップをやりたいからインターネットを使ってみるという新しいユーザーを生み出しました。

BASE株式会社は、シンプルを追求し続けている会社であり、所属しているエンジニアも「どうすればよりシンプルにできるか」に頭をひねらせています。インターネットのアプリ開発などにおいて、機能を増やすことはどのエンジニアでも出来ますが、無駄をとことんそぎ落とすことは優れた技術を持つエンジニアしか出来ない芸当です。

BASE株式会社が商品やサービスの取り扱いを開始するかどうかの判断基準は、誰でも使えることであり、顧客から見える画面がシンプルであるがゆえに、裏側にあるシステムは複雑になりがちで、ここがエンジニアの腕の見せどころになります。

システムを開発しても、「それでは、お父さんやお母さんが使えない」という社内の声で却下されてしまうことがあり、エンジニアだけではなく、技術畑ではないサポートスタッフの意見も商品、サービス運営に取り入れる徹底ぶりです。新たにリリースされたもう一つの主力サービスである「PAY.JP」にも、シンプルさは受け継がれています。