アララ株式会社が行う事業内容や取り組みの特徴とは?

アララ株式会社は、「世界をもっとハッピーに!」を合言葉に2006年8月に設立され、東京都港区南青山に所在地を置いています。事業内容として、カード事業、メール事業、データセキュリティ事業、AR事業、スマートフォン事業の5つを展開しています。

アララ株式会社は、ARとVRの分野において最先端の技術を提供しており、顧客の生活に驚きとワクワクを満たすために日々努力を行っています。AR事業の特徴として、画像をスキャニングすると写真が動き出すAR動画アプリケーションなどを開発しています。

また、スマートフォンでマーカーや画像をスキャニングすると、ARコンテンツが飛び出てくるアプリを開発するなど、最先端のテクノロジーを駆使した取り組みを行っています。

アララ株式会社のデータセキュリティ事業は、データ管理を通じて安全で安心な世界を作り出すことを目標にしています。ICT化が急速に加速することで、データを積極的に活用できる時代であるからこそ、重要なデータを確実に管理することが企業に求められています。

アララ株式会社が提供する「P-Pointerシリーズ」であれば、企業内に散らばっている個人情報の管理から検出までを、それぞれの企業内規則に沿った形での運用を行うことが可能です。「P-Pointerシリーズ」を活用することで、情報漏洩を防止し、大切なデータをしっかり守ります。

アララ株式会社のメール事業では、伝えたい時に、伝えたい内容を、伝えたい相手に届けることをキャッチ・フレーズに、メッセージング・ソリューションをあらゆる分野、業界の顧客に提供しています。企業規模やビジネスシーンにとらわれることなく、目的別のサービスが用意されており、データや資産を最大限にいかしたビジネス展開をしっかりとサポートしています。

既存顧客だけではなく、潜在的な顧客に対して、様々なメールを配信している企業が多いですが、確認や通知メールの到達率をなかなか上げられないで悩んでいる経営者や担当者が多いものです。スマートフォンへの配信遅延、メール配信の高いコスト、顧客データベースへの連絡配信サービスの必要性など、様々な経営課題に対して、アララのメッセージング・ソリューションは活躍の場を拡大しています。

通信、サービス、インフォメーション・テクノロジー、金融などの産業で、すでに多くの顧客がメッセージング・ソリューションを使用し、支持されています。